Miles式琵琶湖一周ゲーム

ヘトヘトになるまで走り回る経験はとても大切

 

 

 

新年1回目のコラム配信です。

今日はいま流行しているMilesというアプリから着想を得た

Miles方式の運動量増加作戦です。

 

この時期,持久走をやると思うんですね。

中には大好きで何周もする子もいれば,

嫌いで嫌々やっている子もいると思います。

 

よくある遊び方で双六にして,

園庭を10周したら1マス進めるみたいな方法であったり,

1周ごとにシールを貼ったりするような

進め方があると思うんですね。

クラスで競争をさせてみたりする場合もあるかもしれません。

 

ただ,そうすると運動が嫌いな子はさらに嫌いになっちゃう。

嫌いな子も楽しく動ける工夫が必要です。

 

そこで私が考案したのが

Miles式双六

です。

 

そもそも…という話ですが,

Miles

というアプリをご存知ですか?

 

移動距離を価値化するという

現代社会のゲームチェンジを促進する画期的なアプリです。

これは幼児教育に絶対に活かせる方法だと思います。

 

その辺りのお話をさせてもらいましたので,

良かったらご視聴ください。

 

 

保育者支援ネットワーク「保育のみかた」運営責任者

園庭づくりコーディネーター

著書 『ワクワクドキドキ園庭づくり』(ぎょうせい)『遊びの復権』(共著)(おうみ学術出版会)

保育者の「相互支援」と「学び合い」の場

〒524-0102 滋賀県 守山市 水保町1461-34 

Mail: daihyo@studioflap.or.jp