3歳から始める主体性を育む工夫

こんにちは. 最近,また主体性について考える時間が増えてきました. そこで考えていることを今日は少しシェアさせていただこうと思います. 以前,自主性と主体性の違いということを書いたり,話したりしました. *まだご覧いただいていない方は👇こちらもどうぞ https://studioflap.or.jp/%e4%b8%bb%e4%bd%93%e6%80%a...もっと読む

【雑談】徒然なるままに

こんにちは. 今日は本当に雑談です. 保育と関係のある話はほとんど出てきません(笑) なんとなく,頭の中に浮かんだことをツラツラと10分ちょっとしゃべっています. 暇つぶしくらいの感覚でお聞きください. このYoutubeに上がっている動画の話を少しだけしましたので, 良かったら,こちらもご覧ください. https://www.youtube.com/watch?...もっと読む

指導案の書き方(2)理念・目的・目標

こんにちは. 今週も始まりましたね. 12月がいよいよ目の前に来て, 2学期の締めくくりを迎えようというところです. 3学期の発表会などに向けて, 準備に余念がないなどの園もあるのでしょうか. さて,今日も指導案のお話をさせていただきました. 先日ペルソナということを書きましたが, 指導案を書く際に大切なことは,近視眼的にならないことだと思います. 教育・...もっと読む

【勉強会】第2回を開催しました

こんにちは. 第2回勉強会を昨日開催しました. 7名の先生にご参加いただき,充実した話が縦横に展開できたように思います. 当初の予定では18:30から私の話題提供でしたが, 18:30に来れた方はおひとりでしたので,そこからワイワイと 保育のおしゃべりをし始め,次々と先生方が集まり, いろんな角度から現在の問題意識をグループで語り合いました. そして,最後にはある先生が私...もっと読む

【勉強会】第2回の内容(追記)

みなさま,こんにちは. 今週金曜日に開催します第2回の勉強会についてお知らせです. 18:30-19:30頃 <マーシーからの話題提供> ・現在行っている研究テーマとその概要 ・研究テーマの理論的背景 ・おすすめの本 *お仕事の関係で遅れて来られる先生方もおられますので,  ぼちぼち私がお話ししてお待ちしております.  遅れる先生も,遠慮なく来られる時間に来てくださいね....もっと読む

指導案の書き方(1)ペルソナ

こんにちは. 今日は指導案を書く際のポイントについてお話しさせていただこうと思います. 先日,お若い先生が担当の3歳児クラスの研究保育に入らせていただきました. その先生が書かれた指導案は非常に良く書けていて, 学生時代も一生懸命に勉強していたのだろうなと想像できるものでした. ただ,課題なのは「どこでも書けるような指導案」というところです. この指導案がA園で書かれた...もっと読む

遊びをつくる人

こんにちは. 月曜日ですね. 皆さん,今日はいかがでしたか? さて,相変わらず園内での研究会にお邪魔して, 先生方と一緒に学ばせていただいています. その中で感じていることを共有させていただきます. 今日は「遊びをつくる人とこなす人」というテーマです. 私が園庭や保育室で拝見している感覚では,遊びをつくっている人は 遊びの場を色々工夫したり,状況に応じて...もっと読む

第2回勉強会のお知らせ

おはようございます. 早いもので,そろそろ第2回の勉強会のテーマを決めなくてはいけません. 第1回は「主体的な保育とは?」ということで話をしていました. 第2回は「私の問題意識」 というテーマを中心にやってみようかと思っています. 勉強会には園長・副園長から主任,担任,教育委員会の先生,研究者まで, いろんな立場の方がいて, それぞれの立場で問題意識を持って取り組まれ...もっと読む

園庭の真ん中

こんにちは. 最近,幼稚園やこども園にお邪魔してデータを取らせてもらっていますが, 色々な環境要因に着目しています. テラス 築山 水たまり 玄関(表,園児たちの入り口) 落ち葉 などなど. その中でも,「園庭の真ん中」をどう作るか? ということが気になっていますので, 今日はそのことについてお話ししました. 素敵な園庭を作っている園では, 真...もっと読む

子育ては難しいという現実

こんにちは. 前回の子育ちコラムで話しかけてやめた話があります. それは「現代の子育ては難しい」ということです. この話は別にしてやりたかったので,話そうと思ったけどやめときました. 子育ての環境は大人がその家族内に何人いるかが重要だと思われます. ところが,現在の1世帯の人数は2.47人(2016年現在) https://www.mhlw.go.jp/toukei...もっと読む
Page Top