21世紀の知性〜編集思考

こんにちは🤗

今日もお疲れ様です。

 

昨日に引き続き、「編集」という頭の使い方についてお話しました。

「編集」とは21世紀の頭の使い方です。

20世紀は情報をいっぱい持っていること、情報の貯蔵量が頭の良さでした。

しかし、それはパソコンの方が圧倒的に有利な作業となりました。

インターネットで調べれば情報はすぐに手に入ります。

 

では、その情報をどう使うか?

どう認知をし、どう繋げ、どう飛躍させるか?

「編集」という営みについて少しだけ考えてみました。

 

良かったら、お付き合いください。

 

保育者支援ネットワーク「保育のみかた」運営責任者

園庭づくりコーディネーター

著書 『ワクワクドキドキ園庭づくり』(ぎょうせい)『遊びの復権』(共著)(おうみ学術出版会)

保育者の「相互支援」と「学び合い」の場

〒524-0102 滋賀県 守山市 水保町1461-34 

Mail: daihyo@studioflap.or.jp